トップ

歯科インプラントで

歯科の最新治療について

インプラント歯科の最新治療

インプラント歯科の最新治療のひとつに即日荷重インプラントというものがあります。その治療は文字通り治療の当日に柔らかいものであれば噛むことができるので、そのため全部の歯がない人に有効な治療法となっているのです。従来の治療であれば人工歯根が顎の骨と結合するまでに数ヶ月という時間を要してしまい、その間は人工歯根を埋め込んだ場所でものを噛んで荷重をかけることができないのです。そのため、すべての歯がない人にとっては満足に食事ができないことと見栄えも悪いということで精神的な苦痛が大きなものとなっていました。ですが、インプラント歯科の技術の発展でその問題が解消されることになったのです。

最新治療技術のセレックシステム

医療技術の進歩はとても速く先進的な歯科医では新技術を取り込んで患者の負担や治療の正確さや緻密さを高めています。最新治療の一つにセレックシステムがあります。セレックシステムとは虫歯を削り取った部分を専用の3D光学カメラでスキャンして、その型からセラミックを材料としてコンピューター制御によって精巧に詰め物を作り上げるCADのシステムです。メリットは詰め物を作成する時間が大幅に短縮して治療時間も短くなりますし、セラミック性なので耐久性が向上します。また歯科技工士の技術で左右されることなく一つ一つの精巧な詰め物が製作されます。

↑PAGE TOP